初めての新築設計、感じたのは形に残る喜び。

今は、工場設備関係の工事管理の仕事をしています。お客様のご要望に対して、設備にかかわる工事の計画や、お見積もりを行い、工事を受注した際は施工管理も行います。実際に配管工事をするのは協力業者さんにお願いし、職人さんたちが作ってくれたものの品質管理や、安全管理の監督が業務になります。

今までで、一番大変だった工事は新築の工事です。会社にいる時間よりも現場にいることが多く、毎週の会議で図面を見て配管の打合わせをしたり、設計を含めると1年、実際現場入りしてからは7ヶ月の時間がかかりました。終わった後は嬉しかったですね。この先10年20年と自分が作ったものが使われていくんだと思うと感慨深いです。今までは元々できているものの修繕が多くて、初めて新築の案件に携わったので思い入れが深い仕事になりました。

寮生活で学んだ、相手への思いやりの大切さ。

就職して両親を安心させたいと考えており、友人と企業展に参加した際に豊安工業を知りました。今の新入社員同様、入社1年間は4人の同期と寮で共同生活をしていました。先輩が毎日入れ替わりで来てくれて会社や日常の生活の話をすることで、社会の事を知る大切な機会になったと思います。また、現在も勉強中ですが、お客様を始め相手のことをよく考えて話すようになったり、気遣いができるように成長できました。

年齢関係なく盛り上がる、社員同士の距離の近さ。

仕事面では社員同士で何でも話し合える環境が良いと感じます。先輩社員からは様々なことを教えていただきました。人間関係では、社内にいると社長を始め皆さんが声を掛けてくれるので過ごしやすいと思います。福利厚生では社員旅行や忘年会など、先輩や後輩が一緒になって盛り上がるイベントが楽しいです。また、休日は家で過ごす時もありますが、神社やお城巡りが大好きなので、会社の4~5人のメンバーで青森の弘前城へ旅行へいったり、若手を連れてスノーボードに行ったりします。それも、僕が若手だった時に先輩に連れて行ってもらったのが楽しかったので、今先輩となって連れていくようにしています。旅行やイベントを先輩後輩共に仲良く楽しめるのが良い所だと思います。

人生をより豊かに過ごせる会社。

豊安工業は孤立させない会社だと思います。みんながちゃんと向き合う努力をしますし、僕は入社前はあまり活動的ではなかったのですが、入社してからは1回の人生だったら色々な経験をしたもの勝ちだなと思うようになりました。やる前から、「行きたくない」「やりたくない」って何故か思ってしまう事があるんですが、逆に「行ってみてよかった!!」と思えることを沢山経験させてもらいました。
自分の人生なので人生を大切に思えるように、誰かに言われてやるのではなく自分で決めて自立してほしいと願っています。

プラントディレクター職

石川

入社年
2002年
趣味や休日の過ごし方
ランニング・スポーツ
豊安工業の好きなイベント
忘年会